R+houseの
アトリエ建築家って?

R+houseの
アトリエ建築家って?

いつか住んでみたいと思っていた理想の住宅が
ムダのないコストで実現できる。
それがR+houseです。 設計も優れている、
構造も申し分ない、間取りや仕様も予想以上。
そんな思い通りの家ならきっと
コストもかかるはず・・・ 家づくりのポイント
にちょっとした工夫で、コストを抑え、
クオリティの高い注文住宅づくりを可能にする。
R+houseはこの考え方に基づいて生まれました。

  • 写真
  • 写真
  • 写真

アトリエ建築家は
「住まいをつくるプロ」

R+houseには、ムダづかいをなくすための
「ルール」があります。※R+houseのルール
そのルールに従って、ムダを省いた、性能の高い
デザイン住宅、というのがR+houseです。
R+houseの建築家たちは「ルール」を熟知し、
その上で斬新で洗練されたデザインをつくること
が出来る人たちです。

「建てるプロ」と「住まいをつくるプロ」は違います。 限られた予算の中で、どれだけお客様の
家族構成や現在のライフスタイルを
叶えていくか、あるいは将来を見据えた設計をするか、それらを全て叶えつつ、どうやって予算の
範囲できれいにおさめていくのか。
そういうことをするのが、
住まいを作るプロなのです。

「住宅づくりが好きな人」=「人の生活をつくることが好きな人」にR+houseの建築家になってもらっているのです。
ただ「かっこいいものが作りたいから建築家をやっている」
というだけの人はいません。

「建築家」+αの
チカラ

日本には国家資格として「一級建築士」
「二級建築士」といった資格があります。
「建築士」というのは、法規制や施工を考えて建物を計画、設計するために必要な資格です。

「R+houseのアトリエ建築家」は建築士という
資格をもちろん持った上で、それに加えて
暮らし方の提案や住みごこち、
デザイン性の
追求といった面に特長があると言えるでしょう。

アトリエ建築家たちの
想い

「家づくりとは・・・」なんて、
硬く考えなくていいのでは?単純に、家族が
楽しめる家を一緒に造っていきましょう。
「何をしたら楽しめるの?」子供たちが無邪気に
走り廻れたりする事だったり、夫婦二人で
星でも眺めながらゆっくり晩酌なんてのも良し、
みんなでテラスでバーベキューなんかも
いいですよね。

みんなが自然に集まれるような家で、
ゆったりとした時間の流れを感じましょう!

アトリエ建築家の紹介

フジタ オサム / Osamu Fujita

コンパクトでかわいいけれどムダがない…
そんな家です。欲しいのは、自分らしさを大切にしたライフスタイル、そしてシンプルな暮らしを包み込む居心地のよい家。
なんでもない毎日だけど、家族を過ごす
時間が一番うれしい、そう思える家づくりを
しませんか。

居藤 節子 / Setsuko Ito

「おうちを建てたい」と思った瞬間から、
マイホームの思い出はスタートします。
まっさらな土地からだんだん形になっていく建物にふくらんでゆくワクワク…
感動の中で新居のドアを開ける瞬間は
かけがえのない人生の一コマです。
慌ただしかった創り手と住まい手の
共有時間は、そこから急にゆったりと流れ
始めますが住まい手はそのあとも、
きっと思い出すでしょう。洗濯物を干すときも玄関で靴を履くときも…
私達とのやりとりが染み付いた空間は
そこら中にあります。そして私が大切にし続けているのはそんなお客様の思い出です。
思い出は人生そのもの。
だから家づくりの日々にどんな些細な影も落とさぬよう心を繋げて大切に積み重ねる…
そんな思い出づくりのお手伝い大をします。

飯塚 一樹 / Kazuki Iizuka

『家』を造るためのキーワードは
『人』である。
建主、建築家、作り手がお互いの価値観を
認め合い、イメージを共有し、建主の為に
いかに一生懸命になれるのか。
会話の中から感じるもを大切に、暮らしが
イメージできる空間、
デザインを心がけています。

三浦 直樹 / Naoki Miura

住まいは、住まう家族に大きな影響を
与えます。人生を左右するといっても過言ではありません。
そう考えると、住まいは美しくなくては
なりません。見た目だけではなく、
美しさのあり方が大変重要です。
当たり前のものが当たり前に、
あるべきものをあるべきところに納める
ことを大切に、施主が飽きることなく、
いつまでも家が好きでいられるかは当然のこと、自分もその家を好きでいられるか、
住みたいか、それを設計する上での大きな
基準としています。

資料請求受付中!!

ページのトップへ