石川県金沢市中心で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

金沢市で注文住宅を建てる方必見!気密と換気の関係性について詳しく解説

家づくりノウハウ
公開日:2023.07.27
最終更新日:2024.07.04
R+house金沢の家づくり写真
R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.07.27
最終更新日:2024.07.04

金沢市で注文住宅を建てる方必見!気密と換気の関係性について詳しく解説

ダークカラーがアクセントの木目のリビングと畳の小上がり
「気密」は、住宅の快適性を左右するポイントのひとつ。注文住宅の建築を検討中の方にとっては、ぜひ知っていただきたい性能です。そこで今回は、住宅の気密性能について詳しく解説します。気密性を高めるために必要な部材や、家づくりにおける換気の重要性についてまとめました。弊社が気密性能を高めるために行っている取り組みについても併せてご紹介。石川県金沢市・野々市市・白山市などで家づくりを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

目 次

家づくりで求められる気密性

高気密高断熱住宅とすきまが空いている住宅の違い
「高気密住宅」という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。気密性は、家の暮らしやすさを大きく左右します。ここでは、気密性の概要や換気との関係性について解説しましょう。

気密性能とは

家づくりにおける気密とは、床や壁、天井などの接合部に生じる隙間をできるだけなくした状態のこと。気密性能の高さはC値で表され、数値が低いほど高気密であることを表します。ですがC値には明確な基準が定められておらず、どの程度の基準であれば高気密住宅と呼べるのかが決まっていません。ただし、一般的に高気密住宅とされている家のほとんどがC値1.0以下の基準をクリアしていることから、C値1.0以下が気密性能を判断するポイントのひとつとなっています。

気密性能を高めるには気密テープやシートなどの部材を使用するほか、窓の種類や資材を工夫するといった対策が必要です。特に日本で多く普及している引き違い窓(横開き窓)は大きく開けられるメリットがある一方で、気密性は劣るのが特徴。気密性を高めるには、外開き窓や内倒し窓を採用するなど、窓の種類にも配慮することが重要です。

また、窓に使用するサッシやガラスは素材によって性能が変化。近年では気密性を高めるサッシとして樹脂サッシが、断熱性をアップするガラスとして複層ガラスが注目されています。複数枚のガラスが層になっている複層ガラスは、1枚で構成される単板ガラスよりも外気の影響を受けにくいのが特徴です。こういった住宅資材の工夫により、家の快適性は大きく変わると言えるでしょう。

家づくりで気密性が重要な理由

ポイントを説明するスーツの男性
家には部材同士の間やドアなど必ずどこかに隙間があるものです。それぞれの隙間はわずかでも、家全体で見るとそれなりの量になります。そのため室内の空気は、家のあらゆる隙間から移動してしまうのです。空気は温度の高いところから低いところへ移動する性質を持っているため、夏は暑い外気が涼しい室内へ侵入しやすく、冬は部屋の暖気が屋外へ逃げてしまいます。だからこそ快適な室温を保つためには、高気密であることが欠かせないのです。また、計画的に換気することや断熱性を高めるためにも気密性は重要。詳しくは以下で説明します。

気密性と換気にはどのような関係がある?

24時間換気システム
気密性能が高い住宅は、外気の影響を受けにくいのが特徴です。ところが住宅の換気を行っていない高気密住宅の場合、めまいや喉の痛み、湿疹といったシックハウス症候群を引き起こすことも。そこで2003年の建築基準法で重視されたのが、換気の必要性についてです。現在では「24時間換気システム」が義務付けられ、居室の空気を1時間に半分以上入れ替えることが求められています。

24時間換気システムには、3つの種類があります。

第1種換気

給気と排気のどちらもファンで強制的に換気する方法。部屋ごとにダクトが導入でき、安定して効率よく換気できる。

第2種換気

給気のみファンで強制的に換気する方法。給気により入ってきた空気で室内の空気は換気口から自然に押し出される。

第3種換気

排気のみファンで行う方法。強制的に室内の空気が出て行くため、自然に屋外から給気される。

こういった換気システムが安定的に機能するのも、高気密住宅だからこそ。隙間風が多い家の場合だと、給気口から入ってきた空気が排気口へ流れる前に近くの隙間から排出されたり、給気口から正しく給気がなされなかったりするためです。空気の出入りがあるにもかかわらず換気不足になる可能性もあるため、経路に沿って計画的に換気させるには気密性の高さが重要と言えます。

>>高気密な住宅にはどんなメリット・デメリットがある?詳しくはこちら!

石川エリアで家づくりをするなら

《石川県》金沢駅の鼓門・金沢の玄関口
気密性と断熱性は大きく関連しています。隙間が少ない家では、断熱効果が高まるためです。C値に明確な基準はありませんが、断熱性能を表すUA値にはエリアごとに目指すべき基準が明示されています。ここでは、石川県で注文住宅を建てるときに目指すべき断熱基準について確認しておきましょう。

石川県の気候特性

石川県は年間を通して湿度が高いエリア。夏は蒸し暑く、冬は湿った重い雪が降るのが特徴です。石川県全体での日照率は低く、特に冬期はその特性が顕著に現れます。また、年間降水量2,000~3,000mmと通年で多くの雨が降り、曇りがちな天候が多い地域です。

このような気候特性の石川県で家を建てるなら、結露対策や断熱性能は欠かせません。特に結露によるカビの発生は木材の耐久性を低下させるだけでなく、健康に害を及ぼすことも。新築を長持ちさせ、快適な環境で暮らすには断熱性・気密性・耐久性に配慮した家づくりが求められます。

金沢市・野々市市・白山市で目指すべき断熱性能は?

UA値は数字が小さいほど断熱性能が高いことを表します。UA値の基準は土地の気候や環境を考慮するため、日本を8つの地域に分けて設定されています。国土交通省の分類では、金沢市と野々市市が地域区分6、白山市(旧白峰村を除く)は場所により地域区分4~6に分けられています。

また、UA値には「ZEH」「HEAT20」の基準が多く用いられます。ZEHは省エネ性能の向上のほか、太陽光発電などでエネルギーを創り出す家のこと。生活の中で発生するエネルギー収支のバランスがゼロ以下になることを目指します。
一方、HEAT20は環境問題と快適な住まいのために、民間組織がZEHよりもさらに厳しい基準を設定したもの。HEAT20は、基準が高い順にG3・G2・G1のグレードがあります。金沢・野々市・白山エリアにおけるUA値は以下の通りです。


グレード/地域区分



4



5



6



ZEH



0.60



0.60



0.60



HEAT20 G1



0.46



0.48



0.56



HEAT20 G2



0.34



0.34



0.46



HEAT20 G3



0.23



0.23



0.26


金沢・野々市・白山エリアでZEH基準を満たす場合、UA値0.60で十分とされているところ、弊社ではHEAT20のG2相当を標準目標に設定。高い基準をクリアすることで、より快適で暮らしやすい家づくりを行っています。

参考:石川県いしかわ暮らし情報ひろば「風土」
参考:国土交通省「地域区分新旧表 令和2年7月時点」

>>金沢市の注文住宅は気密性能が重要!光熱費も削減できる理由をご紹介
>>ZEH基準を満たす住宅について詳しくはこちら!

気密性能を高めるための取り組み

ここではR+house金沢が気密性能を高めるために行っている取り組みをご紹介します。

2回の気密測定でC値0.5をクリア

R+houseの気密性能
多くのハウスメーカー・工務店でC値1.0以下が高気密住宅とされているところ、R+house金沢では0.5を標準仕様に設定しています。この目標をクリアするために全棟で実施しているのが気密測定。気密測定とは、住宅の隙間面積を専用の機械で測定する方法です。気密測定には「中間気密測定」と「完成気密測定」の2つがあります。中間気密測定はクロスやボードなどが張られる前、断熱・気密工事が完了した際に行うもの、完成気密測定は物件が完成してから行うものです。中間気密測定で特定した隙間を処理し、最終的に完成気密測定で確認することは正確に高気密住宅を提供するうえでは欠かせません。徹底した2回の気密測定を全棟で実施しているからこそ、弊社ではC値0.5という高い基準をクリアしているのです。

第1種換気システムによる計画換気

第1種換気システムによる計画換気のイメージ
弊社では24時間換気システムとして、第1種換気システムを採用。石川県は雨が多く、湿度の高いエリアです。そのため結露を防止し、快適に暮らすには湿気対策が不可欠。全体の気密性を高めたうえで空気の通り道を確保し、新鮮な空気を取り入れられる計画換気を行っています。これにより床下の湿気を防ぎ、効率的に換気することが可能です。
また24時間換気システムは花粉症対策にもなります。24時間換気システムによって室内の空気を循環させており、室内の有害物質を室外へ排気、室内への花粉の取り込みを大幅に防ぐこともできます。

高気密高断熱住宅の建築はR+house金沢におまかせ!

夜フェンス越しに見える室内の明かり
R+house金沢では、石川県の気候特性を踏まえたうえで長く安心して暮らせる住まいを提供しています。特に、施工技術の高さから断熱性・気密性は一般的な基準を大きくクリア。耐久性にも配慮し、長く快適に暮らせる家を実現しています。金沢・野々市・白山エリアでの高断熱・高気密住宅の建築は、R+house金沢にご相談を。デザインや価格面も含めて理想のマイホームとなるようサポートいたします。
#石川県金沢市 #石川県白山市 #石川県野々市市#注文住宅 #新築 #高気密 #高断熱 #ZEH #HEAT20 G2 #家づくりの基礎知識 #性能 #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.11

金沢市・野々市市・白山市で注文住宅を建てる際は液状化対策を!被害リスクについても解説

R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.11

金沢市に注文住宅を建てるとき地震保険は必要?補償内容やメリットを解説

R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.08

一戸建てを建てるときに必要な耐震等級とは?金沢市・野々市市・白山市で建てるマイホーム

R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.04

長期優良住宅とは?認定を受けるメリット・デメリット、金沢市での申請の手順を詳しく解説

前へ
地震に強い注文住宅なら耐震性にも注目しよう!金沢市周辺の災害情報も
金沢市の注文住宅は気密性能が重要!光熱費の削減にもつながる理由を紹介
次へ
地震に強い注文住宅なら耐震性にも注目しよう!金沢市周辺の災害情報も
金沢市の注文住宅は気密性能が重要!光熱費の削減にもつながる理由を紹介

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

R+house金沢の家づくり写真

注文住宅が できるまでのサポート

注文住宅をつくる際、正しい知識を得ないまま家づくりを進めると、住宅の快適性や資金面で後悔してしまうこともあると言われています。
私たちR+house金沢では、注文住宅のご検討を進めるにあたって必要な知識のご提供や、体感イベントなどを開催しています。
アフターサポート

アフターサポートで 永く快適に過ごす

R+house金沢では、お引き渡し後も定期点検・検診で住まいの健康管理をサポートします。安心して夢のマイホームでの新生活をお送りください。
R+houseの建築家集団

建築家と実現する デザイン

建築家のつくる家といえば、見た目の格好よさが魅力の「作品」というイメージが強いようです。でも、R+houseの建築家の仕事は違います。
R+houseの建築家は、プランニングにあたって「趣味はなんですか?」「どんな風に家でくつろぐのが好きですか?」と、あなたのライフスタイルについて、たくさんの質問をするかもしれません。それは、あなたとあなたの家族が、現在はもちろん未来まで理想の暮らしを送ることができる家をプランニングするためのプロセスです。自分も気付かなかった、あなたの「理想」を見つけてくれる。それが、プロの仕事です。R+houseの建築家は、格好いいだけでは終わらない、住んでみてから分かる魅力が詰まった家を提案します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのモデルハウス
私たちのモデルハウスをご紹介します。

R+house金沢の注文住宅
【いつでも見学可】シンプルモダン住宅のモデルハウスin金沢市
石川県金沢市南新保町ヘ32-1
076-237-3061

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Youtube動画
注文住宅のご紹介動画を公開しています。

R+house金沢の家づくり写真
注文住宅の施工写真をご紹介します。

R+house金沢の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

R+house金沢
住所
石川県金沢市南新保町へ32-1
営業時間
10:00~18:00
休業日
火曜・水曜
本社
住所
石川県金沢市駅西新町3丁目13-2
福井支店
住所
福井県福井市高木中央3丁目207番地
富山支店
住所
富山県富山市西荒屋531番1
加賀支店
住所
石川県加賀市黒瀬町カ120番地