TOP
家づくりノウハウ
2023.01.19

高気密・高断熱住宅ってどんな家?金沢市周辺のUA値も解説

住宅の疑問イメージ
光熱費の高騰などにより、高気密・高断熱住宅が注目されるようになりました。高気密・高断熱住宅は、光熱費が削減できるだけでなく、暖かく快適な住環境が実現できます。
今回は、高気密・高断熱住宅のメリットやデメリットをご紹介しましょう。併せて石川県金沢市、野々市市エリアのUA値についても詳しく解説します。

目次

高気密・高断熱住宅とは?

よく耳にするようになった「高気密・高断熱住宅」ですが、そもそも具体的にはどんな家なのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

高気密住宅

高気密な家とは、精度の高い建築部材を使用したり、防湿シートや断熱材、気密テープなどを用いたりして、できるだけ隙間をつくらず建てた家のことです。
日本の住宅は、在来工法で建築された木造住宅が一般的です。どんなに腕のいい職人さんが建てても、窓枠や床、壁などに隙間が空いています。隙間風を感じるほどではない場合も、目に見えない隙間から空気が出入りします。隙間が大きいほど、冬場は冷たい外気が入り込み、温かい空気は外へ逃げていきます。

高断熱住宅

高断熱住宅とは、断熱性の高い外壁や内壁、窓を使用して、家全体の断熱性を高めた住宅のことです。断熱性能が低いと、冬は寒く、夏は暑い住宅となってしまいます。高断熱住宅にするには、どのような断熱材を用いるかが重要です。適切な断熱材を使用し建築することで、快適な室内温度に保つことができます。

要するに、高気密・高断熱住宅とは、室内の快適な温度が逃げにくく、外気の影響を受けにくい家ということです。

高気密・高断熱住宅のメリットは?

メリットと書かれた積み木
高気密・高断熱住宅におけるメリットをご紹介しましょう。

ヒートショックのリスクが軽減する

冬に注意したいのがヒートショック。ヒートショックは、急激な温度変化があると血圧が急上昇・急降下し、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすものです。高気密・高断熱住宅であれば、室内の温度差が少なく、ヒートショックが起にくくなります。

年中快適に生活できる

高気密・高断熱住宅であれば、住宅内の温度が外気の影響を受けることが少なくなります。そのため、冬の寒さも夏の暑さも住宅内には伝わりにくく、室内を安定した温度に保てます。

光熱費を節約できる

外気の影響を受けず、温度を一定に保ちやすい高気密・高断熱住宅は、光熱費削減にもつながります。設定温度を高めたり、暖房器具を増やしたりする必要がないので、お財布にも優しい住宅といえるでしょう。

防音効果が高く、外の音が気になりにくい

住宅の温度以外に、防音効果にも優れているのが特徴です。隙間が少ないため音が漏れにくく、断熱材が音の吸収もしてくれます。外の音も気になりにくいため、お子さんのいるご家庭や、静かな空間で生活したい方にも嬉しいメリットといえます。

高気密・高断熱住宅におけるデメリット

デメリットと書かれた積み木
高気密・高断熱住宅には、メリットがある一方、デメリットもあります。両面を把握しておくといいでしょう。

空気がこもりやすい

高気密・高断熱住宅は、できるだけ隙間を少なくし、屋内外の空気の出入りが最小限となっているため、空気がこもりやすくなります。そのため、ハウスダストが自然に屋外に出ないため、健康被害のリスクが高まりやすくなってしまうのです。
2003年に建築基準法が改正し、システムの設置が義務付けられています。空気を入れ替えるためにも、換気システムは止めないようにしましょう。

結露の発生リスクがある

高気密・高断熱住宅では、内部結露の発生リスクがあります。内部結露とは、床下や壁の内側、天井裏などが結露することです。放置しておくと、家の土台や柱が腐食する原因となってしまいます。内部結露は、施工時に断熱材に隙間ができると発生しやすくなります。内部結露を防ぐためにも、断熱材設置の際は、施工実績のある業者に依頼することが重要です。

建築費用がかさむ

一般的な住宅と比較すると、どうしても建築費用がかさみます。費用がかさむ理由は、断熱効果の高い資材は高価なものが多く、断熱材の施工には高度な設計と施工技術が求められるためです。しかし初期費用はかさむものの、今後の光熱費が節約できるので、満足のいく家づくりにつながるでしょう。

暖房器具に制限がある

高気密住宅の場合、石油ストーブの使用に制限があります。燃焼に使用した排気が室内に放出される石油ストーブは、一酸化炭素の発生リスクが生じるためです。定期的に窓を開けて換気を行えば使用可能ですが、換気による冷気が入ってくるのはなるべく避けたい方も多いでしょう。高気密・高断熱住宅の場合は、床暖房やエアコン、強制的に屋外に給排気できるFF式暖房機の使用がおすすめです。

石川県金沢市、野々市市エリアのUA値は?

高気密・高断熱住宅の建築を検討していると、ZEHという言葉を聞くことも多いと思います。高気密・高断熱住宅を建てるにあたって、ZEHやUA値は重要な概念となってくるので、しっかり押さえておきましょう。

ZEH住宅とは?

ZEHは、「net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略語です。太陽光発電などの電力を創る設備の導入によって、生活で使うエネルギーよりも創出するエネルギーがゼロになる住宅のことを指します。
ZEH住宅を実現するためには、使用エネルギー量を大幅に削減する必要があり、高気密・高断熱は重要な要素となるわけです。

UA値とは?

UA値は、外皮平均熱貫流率と呼ばれている住宅の断熱性を示す数値です。住宅の外皮を通して、室内から外へ逃げる熱量を、外皮全体で平均化した数値を指しています。UA値が小さければ熱が逃げにくく、省エネルギー性能の高い家ということです。
ZEH住宅となるためには、ZEHの判断基準を満たす必要があり、各地域で定められたUA値をクリアしなければなりません。

石川県金沢市、野々市市エリアの気候

金沢市の気候は温暖傾向にあります。一年中雨量が多く、最も乾燥している時期と比較しても雨量に大差はありません。
野々市市の気候は、日本海側気候です。降水量も多く、最も降水量の少ない4月でさえ多くの雨が降ります。

石川県金沢市、野々市市エリアのZEH基準のUA値

UA値は、同じ県でも市町村によって異なる場合があります。住宅の建築を検討している地域のZEH基準のUA値を事前に確認しておくといいでしょう。
石川県は、3~6地域に設定されています。今回ピックアップしている石川県金沢市、野々市市エリアのUA値は、6地域のため0.6です。

また近年では、ZEHよりもさらに高性能なHEAT20基準を目指すことが推奨されてきています。
HEAT20にはG1~G3までのグレードがあり、G1グレードの場合、石川県金沢市、野々市市エリアのUA値は0.56が基準となります。
しかし、これから注文住宅を建築する場合は、G2グレードは最低でも超えておきたい数値の目安となります。G2グレードですと、UA値は0.46となります。
ZEH基準を超えた、さらに高い水準を目安にすることで、より快適な生活が送れるでしょう。

高気密・高断熱住宅を建てるならR+house金沢へ!

高気密・高断熱住宅を建築すれば、年中快適な室内で過ごすことができます。また、光熱費の削減も期待できますが、結露の発生リスクなども生じてしまうため、施工技術・施工実績のある業者を選ぶことが重要です。R+house金沢は、こだわりの高気密・高断熱住宅の建築を行っております。石川県金沢市、野々市市エリアで注文住宅の建築をお考えの方はぜひR+house金沢へご相談ください。



記事監修者:中小企業診断士(住宅コンサルタント)塩味 隆行
一般社団法人 住宅資産価値保全保証協会認定講師
住宅検討をされている方が後悔しない家づくりを実現いただくため、 全国各地で年100回以上、家づくりセミナーの講師を担当しています。 住宅購入の際に必要となる性能や土地についての基礎知識から、 資金計画などの専門的なことまで、客観的かつ具体的に情報をお伝えいたします。
家づくりの基礎知識 注文住宅 性能
基礎断熱とは?メリットやデメリットをくわしく...
コラム/ブログ一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 受付時間 9:00~18:00(火曜・水曜定休)