石川県金沢市中心で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

金沢市で注文住宅を建てる際の間取りの選び方|人気の間取りと施工事例も

家づくりノウハウ
公開日:2024.04.22
最終更新日:2024.05.02
R+house金沢の家づくり写真
R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.04.22
最終更新日:2024.05.02

金沢市で注文住宅を建てる際の間取りの選び方|人気の間取りと施工事例も

二階にあるパントリー付きキッチン
注文住宅の大きなメリットは、間取りを自由にデザインできることです。しかし、自由にできるといわれたときに、具体的にどんな間取りにしたらいいか悩んでしまう方も多いでしょう。今回は、間取りを考えるときのポイントや人気の間取りを紹介していきます。金沢市周辺の家づくりのサポートをしているR+house金沢の施工事例も紹介するので、金沢周辺で注文住宅を考えている方はぜひ参考にしてください。

目 次

金沢市の特徴

金沢駅の鼓門・金沢の玄関口
金沢市は、加賀藩の頃より戦争の被害を受けていないエリア。そのため、自然だけでなく歴史や文化など、昔ながらの町並みが残っています。そんな金沢の街並みを守るため、市にはさまざまな条例がつくられています。金沢の景観形成に対する基本的な考え方のひとつが、自然や風土を守りながら活用していくことです。街中には、城を中心に同心円・放射状に幹線道路が形成され、郊外では山々や犀川・浅野川を背景とした市街地が分布し、特徴ある景観をつくりだしています。

>>石川県金沢市の住みやすさは?家づくりで整えたい防音対策も紹介

金沢市は景観にあう注文住宅を建てやすい

金沢市は、マンションや高層ビルが少ないエリアです。総務省が実施した統計データによると、2018年時点の一戸建て住宅比率が全国で約50%なのに対して、石川県では約70%。一戸建て住宅の割合が多い結果となりました。また、共同住宅に注目してみると、マンションが含まれる3階建て以上の共同住宅は約50%です。そのうち高層マンションに分類される10階を超える建物は、4%程度。全国では3階以上の建物は約70%、そのうち10階を超える共同住宅は約15%であるため、金沢市には高層マンションがあまり多くないことが分かります。

また金沢市では、良い居住環境を守るため市内の広い範囲で高さ制限が設けられています。そんな金沢市は、周囲を高い建物に囲まれることが少なく、その土地にあう住宅を建てやすいといえるでしょう。

参考元:金沢市|金沢市景観計画 令和3(2021)年7月
参考元:政府統計の総合窓口|社会・人口統計体系 統計でみる都道府県のすがた2024 社会生活統計指標
参考元:政府統計の総合窓口|住宅・土地統計調査 平成30年住宅・土地統計調査 / 住宅及び世帯に関する基本集計 / 全国・都道府県・市区町村

>>歴史を感じられる金沢市で街並みに溶け込んだ住まいづくりを

注文住宅で建てる間取りの選び方

住宅図面
注文住宅のメリットのひとつとしてあげられるのが、自由な間取りを設計できることです。しかし、どんな間取りがいいかはその家庭の家族構成や建てたい土地の立地などにより異なります。間取りを考えるときには、以下のポイントに注目してみましょう。

家族構成から必要な部屋や機能を考える

家庭によって必要な部屋の数や機能、収納の広さ、それらを結ぶ動線はさまざま。自分たちにとってどんな部屋や機能が必要なのか、具体的にイメージしてみましょう。部屋の広さは、家具などを配置したときにどのくらいの広さが確保できるのか検討します。収納は、自分たちの持ち物に対して現時点で収納スペースが足りているのか、将来的にその荷物はどう変化すると予想できるのかなどを考えて決めましょう。

例:リビングの場合

・リビングに子どものおもちゃ置き場をつくるのか
・和室をリビングと続き間でつくるのか
・ワーキングスペースをつくる場合は、収納や本棚はどうするのか
・リビング収納はどのくらい必要なのか

リビングは特に収納について十分に検討することで、整理しやすく使いやすい空間になります。

立地を検討する

間取りを考える際には、家を建てたい土地の形状や、日当たりなどの周辺環境も考慮することが大切です。隣の家との距離や方角、道路の位置、自然環境などと併せて間取りを考えましょう。理想は日当たりや風通しが良く、道路や隣の家からの視線を遮れ、それでいて家の中からの景観が良いことなどです。

自然が多い土地なら大きな窓を採用したり、景色を楽しめる間取りを取り入れたりすると、立地を活かした間取りになります。人通りが多い土地や住宅密集地の場合は、採光や通風、プライバシーの確保が難しいため、吹き抜けやパティオなどを設ける工夫をしましょう。

>>金沢市で失敗しない土地探しの5つのコツとは?詳しくはこちら

玄関や階段の位置を検討する

玄関や階段の位置によっても間取りはある程度限定されます。例えば、土地の都合で玄関の位置を南側にしたい場合、リビングダイニング以外の居住スペースを確保するのは難しくなるでしょう。また、リビング内に階段をつくるのか、廊下に階段を設けるのかによっても間取りが変わります。リビングの端に階段を配置する場合は、階段下を有効活用できたり、吹き抜けをつくりやすくなったりします。廊下に階段を設ける場合は、プライバシーが守られやすい間取りになるでしょう。

注文住宅の間取りのメリット

メリットのブロックと電球のマーク
ここからは、注文住宅で人気がある間取りを紹介していきます。それぞれの間取りのメリットともに、施工事例もいくつか紹介するので、チェックしてみてください。

回遊できる家事動線を取り入れた間取り

人気のある間取りのひとつが、回遊できる家事動線を取り入れたものです。共働き世帯や育児世帯にとって、家事効率が上がることは大きなメリットでしょう。洗濯機と洗濯物を干す場所を近くしたり、玄関付近に広めの収納をつくったりすることも家事動線の短縮につながります。

【事例①】玄関からリビング、キッチンから洗面に繋がる回遊廊下

シンプルモダンを追求した空間
こちらの事例では、玄関からリビング、キッチン、洗面スペースを廊下でつなげ、効率の良い家事動線が確保されています。キッチンを中心とした1階は、リビングから玄関まで見渡せるため、家事をしながら家族の存在も感じられるでしょう。また、キッチンの背面には、大容量のパントリーも設けられているので、整理しやすいスッキリとした空間になります。

>>施工事例「シンプルモダンを追求した空間」について詳しくはこちら

書斎コーナーや本棚のある間取り

リモートワークが浸透しつつある現代において、需要が高まっているのは書斎コーナーがある間取りです。リビングの一角に設けたり個室型にしたりと採用方法はさまざま。主婦目線では、家事をこなしながらリモートワークも併用できるため、キッチン付近につくるのも良いでしょう。

家族で共有できる大きな本棚スペースを確保する間取りも人気があります。リビング内に設置すれば、子どもがリビング学習をする際に活躍するでしょう。廊下に設置すれば、個室や好きなスペースで読書することもできます。

【事例②】壁一面に本棚がある書斎兼フリースペース

ダイニング・リビングから繋がるインナーバルコニーのある家
こちらは書斎兼フリースペースを設けた施工事例です。壁一面が本棚になっているだけでなく、棚の高さを変えられるので大小さまざまなサイズの本を収納できます。また、カウンターも設けているため、リモートワークや読書スペースにもぴったりです。外の風景を眺められる大きな窓と間接照明が取り入れられており、気持ちのいい空間をつくりだしています。

>>施工事例「ダイニング・リビングから繋がるインナーバルコニーのある家」について詳しくはこちら

家族との時間を大切にできる間取り

家族とコミュニケーションを取りやすい間取りも人気です。吹き抜けは、開放感や採光の面で大きなメリットがあります。2階空間との境界をなくし一体感をつくりだせるため、リビングにいながら2階にいる家族の気配を感じられるでしょう。

リビング内に階段を設置すれば、外出時や帰宅時に自然と家族間のコミュニケーションが増えます。

【事例③】スケルトン階段から繋がる吹き抜け

眺めて、愛でて、ともに暮らす
リビング内にスケルトン階段を設置した間取りです。大きな窓が設置された吹き抜けともつながり、開放感のある空間になっています。2階からちょうどキッチンが見下ろせるのもポイントです。木と鉄骨が組み合わされた階段は、リビング空間のアクセントにもなっています。

>>施工事例「眺めて、愛でて、ともに暮らす」について詳しくはこちら
>>金沢市で家を建てる場合の建築費用はどれくらい?年収に基づく相場を紹介!

金沢市で注文住宅を建てるならR+house金沢へ相談!

勾配天井のスッキリしたリビング
金沢市は高層ビルやマンションが少なく、注文住宅を建てるときに間取りも自由に考えられます。どんな間取りがいいかは、家庭によってさまざま。自分たちの家族構成や建てる土地の条件を考慮し、デザイナーと相談しながらベストなものを目指していくと良いでしょう。

R+house金沢では、家づくりにおいて「暮らしが豊かになるデザイン」「普遍的で個性的なデザイン」「心地がいいのに光熱費がかさまないパッシブデザイン」を大切にしています。金沢市周辺で注文住宅を考えている方は、ぜひR+house金沢へご相談ください。

#石川県金沢市#建築家 #注文住宅 #新築 #家づくりの基礎知識 #間取り

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house金沢の家づくり写真
お金
2024.05.09

かほく市で利用できる新築住宅の補助金についてご紹介!かほく市が移住にもおすすめの理由とは?

R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.09

金沢市の住みやすさは?家づくりで整えたい防音対策も紹介

R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.02

金沢市で注文住宅を建てるなら自由設計!建築家とつくる家のメリットや施工例をご紹介

R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.10

注文住宅の構造はどう選ぶ?木造・鉄骨造の違いやメリットデメリットを解説

前へ
注文住宅の構造はどう選ぶ?木造・鉄骨造の違いやメリットデメリットを解説
金沢市で注文住宅を建てるなら自由設計!建築家とつくる家のメリットや施工例をご紹介
次へ
注文住宅の構造はどう選ぶ?木造・鉄骨造の違いやメリットデメリットを解説
金沢市で注文住宅を建てるなら自由設計!建築家とつくる家のメリットや施工例をご紹介

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

R+house金沢の家づくり写真

注文住宅が できるまでのサポート

注文住宅をつくる際、正しい知識を得ないまま家づくりを進めると、住宅の快適性や資金面で後悔してしまうこともあると言われています。
私たちR+house金沢では、注文住宅のご検討を進めるにあたって必要な知識のご提供や、体感イベントなどを開催しています。
アフターサポート

アフターサポートで 永く快適に過ごす

R+house金沢では、お引き渡し後も定期点検・検診で住まいの健康管理をサポートします。安心して夢のマイホームでの新生活をお送りください。
R+houseの建築家集団

建築家と実現する デザイン

建築家のつくる家といえば、見た目の格好よさが魅力の「作品」というイメージが強いようです。でも、R+houseの建築家の仕事は違います。
R+houseの建築家は、プランニングにあたって「趣味はなんですか?」「どんな風に家でくつろぐのが好きですか?」と、あなたのライフスタイルについて、たくさんの質問をするかもしれません。それは、あなたとあなたの家族が、現在はもちろん未来まで理想の暮らしを送ることができる家をプランニングするためのプロセスです。自分も気付かなかった、あなたの「理想」を見つけてくれる。それが、プロの仕事です。R+houseの建築家は、格好いいだけでは終わらない、住んでみてから分かる魅力が詰まった家を提案します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Youtube動画
注文住宅のご紹介動画を公開しています。

R+house金沢の家づくり写真
注文住宅の施工写真をご紹介します。

R+house金沢の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

本社
住所
石川県金沢市駅西新町3丁目13-2
福井支店
住所
福井県福井市高木中央3丁目207番地
富山支店
住所
富山県富山市西荒屋531番1
加賀支店
住所
石川県加賀市黒瀬町カ120番地