石川県金沢市中心で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

石川県の注文住宅の相場は?年収に基づいた適正コストを解説!

お金
公開日:2024.06.13
最終更新日:2024.06.28
R+house金沢の家づくり写真
R+house金沢の家づくり写真
お金
公開日:2024.06.13
最終更新日:2024.06.28

石川県の注文住宅の相場は?年収に基づいた適正コストを解説!

家と通帳とお金と電卓と人物のイラスト
注文住宅を建てるなら、おしゃれなデザインや便利な設備など、さまざまな希望を叶えたいもの。しかし、年収に合った予算を決めておかないと、後々住宅ローンの返済が大きな負担になってしまうかもしれません。
そこで今回は、石川県の注文住宅の建築相場と、年収を基にした家づくりの適正コストについて解説します。石川県で注文住宅を検討している方は、是非参考にしてください。

目 次

石川県の平均年収と注文住宅の建築相場

世帯収入と書かれたブロックとコイン
石川県の年収や建築相場は、どのくらいでしょうか?
住宅金融支援機構が行った、2022年度「フラット35利用者調査」によると、石川県でフラット35を利用して注文住宅(土地付でない)を購入した方の世帯年収は、平均で680.7万円となっています。
また、石川県の注文住宅の建設費は平均で3,562万円でした。
住宅面積の平均が37.44坪のため、坪単価で考えると約95万円/坪になります。

参考元:住宅金融支援機構「2022年度 フラット35利用者調査」 

年収を基にした注文住宅の予算は?

家とお金で悩む若い夫婦のイラスト
住宅購入費用は「年収の5~6倍」が無理なく購入できる目安といわれています。例えば、先ほどの2022年度「フラット35利用者調査」のデータを参考にしてみましょう。石川県の平均世帯年収である680.7万円で計算すると、住宅費用の目安は約3,400万~約4,000万円です。
ただし、「年収の5~6倍」といっても、子どもの人数や共働きかどうかなど各家庭の状況によって余裕のある購入予算は異なるため、あくまでも目安といえます。

参考元:住宅金融支援機構「2022年度 フラット35利用者調査」 

年収を踏まえた月々のローン返済額は?

住宅購入にあたり、無理のない住宅ローン返済額にすることも大切です。住宅ローンでは返済負担率の上限が決められており、年収に応じて概ね30~35%となっています。しかし、実際に無理のない返済負担率は20~25%といわれているので注意が必要です。
返済負担率は「年間のローン返済額÷年収×100」で求められます。年収600万円の場合、住宅ローン返済額が年間120万円(月々10万円)~年間150万円(月々12.5万円)であれば、返済負担率は20%~25%になるので無理のない範囲といえるでしょう。

>>参考コラム:住宅ローンの金利差で返済額が大幅増!金沢市・野々市市周辺エリア地銀情報も

注文住宅には建築費以外の費用もかかる

注文住宅には建物本体の工事費だけでなく、付帯工事費や諸費用がかかります。付帯工事費とは、地盤改良費や水道を引き込むための整備費などのことです。諸費用は工事以外でかかる、住宅ローン手数料や不動産の登記費用などを指します。注文住宅の購入時には、付帯工事費が全体の20%程度、諸費用が10%程度かかるといわれているので、付帯工事費や諸費用も含めて予算を決めるとよいでしょう。

適正コストで建てられるのはどんな家?

日差したっぷり吹き抜けリビング
自分たちの予算で、どんな家が建てられるのか気になるところ。ここでは、費用別に注文住宅の特徴をご紹介します。

2,000万円台

2,000万円台の家は、グレードのよい設備を多く取り入れると予算オーバーしやすい価格帯です。そのため、家自体はコンパクトにしてオプションを多く採用したり、内装をシンプルにして水回りは機能性の高いものにしたりと、予算配分にメリハリをつけるとよいでしょう。

3,000万円台

3,000万円台前半は、全国で建てられている平均的なグレードと広さの家で、3,000万円台後半は、平均よりもグレードの高い設備や資材を採用できる家といえます。3,000万円台であれば、間取りやデザイン、設備にある程度こだわった家づくりができるでしょう。部屋によって壁や床に自然素材を使ったり、デザイン性を重視した外観にしたり、予算に合わせていくつか希望を取り入れられそうです。

4,000万円台

30坪~40坪程度の注文住宅を建てるとすると、4,000万円台は余裕のある価格帯といえます。中庭や吹き抜けのある間取り、凹凸の多い外観も採用できるでしょう。また、設備や資材の選択肢が広がるので、機能性の高いシステムバスや自然素材の無垢床など、こだわりを詰め込んだ家づくりができます。

家づくりでコストを抑える方法

コストダウンを示すグラフと解説する男性のイラスト
年収に合った適正コストで家を建てるためには、コストをかける部分とそうでない部分を決めておくことが大切です。コストを抑えやすい部分がいくつかあるので、覚えておきましょう。

建物の形・デザイン

建物の形状を決める場合、コストを抑えるために有効なのは次の方法です。

・凹凸を減らしたデザインにする
・総二階にする
・切妻屋根や片流れ屋根を採用する
・床面積を小さくする

総二階で凹凸の少ない形状にすると、構造材や屋根材を減らせるため建築コストを抑えられます。また、屋根も「切妻」や「片流れ」など、シンプルなデザインのほうが安いので検討してみましょう。ほかに、床面積を小さくする方法もコスト削減に有効です。

間取り

次の方法を取り入れて間取りを見直すと、コストダウンにつながります。

・部屋数を少なくする
・リビング階段を採用する
・和室をつくらない

部屋数が多いと、その分壁や建具のコストがかさみます。書斎の代わりに部屋の一部を活用したり、子ども部屋は一つにして将来仕切りをつける計画をしたりして、部屋数を減らしてみましょう。階段をリビング内に設置するのも、壁と廊下をつくらずに済むためコスト削減になります。また、洋室よりも和室のほうが高コストになりやすいので、和室をつくらないのもおすすめです。

>>参考コラム:金沢市で注文住宅を建てる際の間取りの選び方|人気の間取りと施工事例も

性能・設備

性能や設備の面でコストを抑えたい場合は、次の方法があります。

・水回りの設備のグレードを下げる
・エアコン・照明を自分で手配する

例えば、キッチンのワークトップの素材や水栓部分など、グレードを下げることで大幅に費用を節約できるので検討してみましょう。また、エアコンや照明は自分で手配したほうが安くなる場合があります。ただし、建築会社によっては工事費が請求されるケースもあるので、自分で手配したほうが安くなるのかどうか、しっかりと確認するようにしましょう。

石川県の家づくりで大事にしたいことは?

石川県では2024年1月に能登半島地震が起きていることから、家を建てる際に地震への対策が欠かせないでしょう。また、雪が多い地域でもあるので、雪対策も必要です。では、具体的な方法を見ていきましょう。

地震対策

住宅の耐震についてチェックする作業員
地震に強い家にするためには、次のことが大切になります。

・耐震等級を確認する
・地震に強い構造にする
・強い地盤に建てる

耐震等級とは、地震に対する建物の強度を示す指標です。3段階のランクがあり、耐震等級が上がるほど住宅の耐震性能が高くなるため、耐震等級が高いほうが安心でしょう。
また、地震に強い家を建てるために、戸建てで一般的に採用されているのが耐震構造です。耐震構造とは、柱と柱の間に筋交いを入れて補強するなど、構造材によって建物自体を頑丈にし、地震に耐えられるようにした構造を指します。
さらに、地盤の強さも耐震性に影響します。土地の地盤が緩ければ、耐震性の高い家を建てても地震に弱くなってしまうため、しっかりと地盤調査をし、必要であれば地盤改良を行いましょう。

>>参考コラム:地震に強い注文住宅なら耐震性にも注目しよう!金沢市周辺の災害情報も
>>参考コラム:注文住宅を建てるときは地盤が大切!石川県金沢市の地盤について解説

雪対策

屋根に雪が積もった雪国の家
家を建てる際にできる雪対策としては、次の方法が挙げられます。

・落雪に配慮して屋根を工夫する
・雪かき用の道具等の収納スペースを確保する
・雪に対応できるカーポートを採用する

雪が積もると注意したいのが屋根からの落雪です。設計の段階で、雪が落ちやすい場所や屋根の勾配・角度を計算し、安全面に配慮することが重要になります。屋根に雪止めをつけるのも、落雪を防止するための方法の一つです。
また、雪かきをするときのスコップや、冬用タイヤを収納するスペースがあると便利。外部収納を設ける方法や、シューズクロークを活用する方法があります。ほかに、カーポートを設置する場合は、雪の重さや雪の吹込みに対応できるものを選びましょう。

石川県で適正コストで高品質な注文住宅を建てるならR+house金沢にお任せください!

グレージュカラーがオシャレな外観
家づくりには、建築費だけでなく諸経費などもかかります。住宅ローンの返済額が大きな負担にならないよう、家づくりに必要なトータル費用を想定し、年収を踏まえた予算を設定しましょう。
R+house金沢では、無理のない予算で注文住宅を建てられるよう「資金計画相談会」を実施しています。家づくりでは、子どもの教育費や老後資金など、将来必要になるお金のことも含めて考えることが大切です。注文住宅の資金計画をしっかりとサポートしますので、お気軽にご相談ください。
また、R+house金沢がつくるのは、高断熱・高気密・高耐震のデザイン性にも優れた家です。高い性能を確保しつつ価格を抑えられるよう、材料をメーカーに直接発注するシステムや、構造を意識したプランニングなどでコスト削減に取り組んでいます。手に届く価格で快適な住まいを提供しますので、石川県で注文住宅をお考えの方は、是非R+house金沢にお任せください。
#注文住宅 #新築 #R+house #高気密 #高耐震 #資金相談 #住宅ローン #建築相場 #住宅維持費 #住宅諸経費

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.11

金沢市・野々市市・白山市で注文住宅を建てる際は液状化対策を!被害リスクについても解説

R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.11

金沢市に注文住宅を建てるとき地震保険は必要?補償内容やメリットを解説

R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.08

一戸建てを建てるときに必要な耐震等級とは?金沢市・野々市市・白山市で建てるマイホーム

R+house金沢の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.04

金沢市で注文住宅を建てる方必見!気密と換気の関係性について詳しく解説

前へ
七尾市で住宅の建て替えを考えよう。時期や新築との違い、補助金などを解説
石川県の土地データ・相場価格をチェック!おすすめエリアもご紹介
次へ
七尾市で住宅の建て替えを考えよう。時期や新築との違い、補助金などを解説
石川県の土地データ・相場価格をチェック!おすすめエリアもご紹介

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

R+house金沢の家づくり写真

注文住宅が できるまでのサポート

注文住宅をつくる際、正しい知識を得ないまま家づくりを進めると、住宅の快適性や資金面で後悔してしまうこともあると言われています。
私たちR+house金沢では、注文住宅のご検討を進めるにあたって必要な知識のご提供や、体感イベントなどを開催しています。
アフターサポート

アフターサポートで 永く快適に過ごす

R+house金沢では、お引き渡し後も定期点検・検診で住まいの健康管理をサポートします。安心して夢のマイホームでの新生活をお送りください。
R+houseの建築家集団

建築家と実現する デザイン

建築家のつくる家といえば、見た目の格好よさが魅力の「作品」というイメージが強いようです。でも、R+houseの建築家の仕事は違います。
R+houseの建築家は、プランニングにあたって「趣味はなんですか?」「どんな風に家でくつろぐのが好きですか?」と、あなたのライフスタイルについて、たくさんの質問をするかもしれません。それは、あなたとあなたの家族が、現在はもちろん未来まで理想の暮らしを送ることができる家をプランニングするためのプロセスです。自分も気付かなかった、あなたの「理想」を見つけてくれる。それが、プロの仕事です。R+houseの建築家は、格好いいだけでは終わらない、住んでみてから分かる魅力が詰まった家を提案します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのモデルハウス
私たちのモデルハウスをご紹介します。

R+house金沢の注文住宅
【いつでも見学可】シンプルモダン住宅のモデルハウスin金沢市
石川県金沢市南新保町ヘ32-1
076-237-3061

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Youtube動画
注文住宅のご紹介動画を公開しています。

R+house金沢の家づくり写真
注文住宅の施工写真をご紹介します。

R+house金沢の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談を承ります。

R+house金沢
住所
石川県金沢市南新保町へ32-1
営業時間
10:00~18:00
休業日
火曜・水曜
本社
住所
石川県金沢市駅西新町3丁目13-2
福井支店
住所
福井県福井市高木中央3丁目207番地
富山支店
住所
富山県富山市西荒屋531番1
加賀支店
住所
石川県加賀市黒瀬町カ120番地